WEBサイトをリニューアルしました!

英語を「武器」に旧第一学区上位校を目指す!

ご存じだと思いますが、
英検2級の資格があれば大阪府の高校入試において有利です。
公立高校一般選抜の
国語・数学・英語の学力検査問題は、
難易度別に、
A(基礎的問題)
B(標準的問題)
C(発展的問題)の3種類があり、
各高校が選択します。
文理学科はC問題を選択していますが、
合格者のC問題平均得点率は、
50%台前半です。
ところが、英検2級を持っていると、
無条件で英語は80%の得点率となります。


そのため、近年では英検利用受験者が急増しています。

府立高校受験における英検利用の受験者数


とはいえ、みよし塾では小学生に対して英検合格を第一に英語指導をするわけではありません。

当たり前に基礎から積み上げていきます。
そのため、まずは耳と口を使って英語に慣れることからスタートします。

その上で基礎的な英語の文法や語彙の習得へと進みます。この過程・延長線上で英検を一つの目安として受験します。

文理学科の豊中高校以外にも、
池田高校、千里高校も英語のC問題を採択しています。

英検受験を目的化しないこと。

身についているのかを確認するときに英検は一つの目安になります。
また「〇級に合格する」という具体的な目標も立てやすく、
目標としていた級に合格できた時の自信と喜びは、
あと伸びの子のためにあるようなものです。
中学入学後、英語に積極的に取り組むきっかけにもなります。

小学生のうちに合格したい英検の目安は?

みよし塾では小学時代に3~4級までを順次目指していきます。
3級は二次試験にスピーキングがあるなど、
実践的な力が求められるため、4、5級と大きく異なります。
ここまでできれば中学校での英語学習がぐんと楽になります。
英語に対して「根拠のある自信」になります。

とはいえ、英語だけでは地域上位校入学後、確実に苦労します。
上位校には自分で考え、自分で判断し、自ら動く生徒で溢れているからです。

中学からあと伸びするには「自学力」こそが必須になります。

目安としてみよし塾では中1で三級、中2で三級・準二級、中3で準二級・二級を目指します。

目次
閉じる