みよし塾の考え

勉強する目的

勉強には全力で頑張るだけの価値がある

塾生には、テストで常に自己ベスト更新を目指してほしいと思っています。
自分の殻を破ってほしい。

勉強を通じて、未来は自分の力で変えることができるということを知ってほしい。
当然、自分の力だけではどうにもならないことは長い人生においてはたくさんあります。
とは言え、自分が行動を起こさない限り、何も始まりません。

難しいことをする必要はありません。
例えば、自分から挨拶をする。遅刻をしない。人に何かしてもらったら感謝する。返事をするとき相手に体を向ける。人の話を最後まで聴く。自分のことは自分で決める。自分の頭を使う。自ら行動する…。

勉強とはあまり関係がないように見えます。
ですが、学ぶ力の根っこはこういうところにあります。

生きていく上で大切なことを育むために勉強がある。
こうした考えを軸にお子さんたちの学習姿勢を見ています。

だからこそ、みよし塾では「勉強には全力で頑張るだけの価値がある」という言葉を塾のモットーにしています。

みよし塾は君のやる気を問う塾です

わずかな努力で成績が大幅にアップする。
そんな魔法のような学習方法はあるのでしょうか。

これまでと同じことを繰り返しても成績アップは、そもそも期待できません。
そのため、みよし塾の生徒は定期テスト2週間前から土日も含めて毎日塾で勉強します。
テスト前は、座席に余裕がある限り、毎日でも塾に来てもらいます。

勉強を通じて自分の「殻」を破るためです。

みよし塾は現在の成績は全く問いませんが、やる気は問います。

効率的な勉強方法が必要になるのはもっと先の話です。
まずはやる気。そして、頑張りたいという気持ち。

自分の殻を破ろう。

注)英語の授業では辞書を使うよう指導しています。

「自学力」を培う個別学習

学校の成績が伸びない理由は何でしょうか?

みよし塾ではその理由を、
1)勉強に対する受け身な姿勢。
2)間違った勉強の進め方
3)計画性の無さ
であると考えています。

ポイントは「自学力」「正しい勉強の仕方」「計画性」です。

注)教科書に準拠した映像授業も活用しています。

「自学力」とは?

「自学力」とは、「自分で学ぶ力」です。

では、「自学力」はどのようにして身につくのでしょうか。
ポイントは二つあります。

一つ目は自分のことは自分で決めることができるようになること。
自分ですべき課題を考え、それに従って勉強ができる状態を目指しましょう。
我々講師がフォローします。
「できない」ではなく、できるまで繰り返しチャレンジしましょう。

二つ目は学力に応じた適切な難易度の課題に取り組みスモールステップで進めていくこと。
学力に応じた課題に取り組むので「できる!」が多くなります。
「できる!」が多くなると、自信が育まれます。
勉強に対して前向きな姿勢が生まれます。

演習こそが定着率の高い学習

ところでラーニングピラミッドをご存知ですか?
これによると、学習の定着度を上げるには、能動的な学びが不可欠であることが分かります。

勉強における能動的な学びとは、問題演習(アウトプット)です。

プロによる素晴らしい授業(インプット)を聞いて理解できたとしても、実際に演習を通じて自らが体験しなければ出来るようにはならないということです。
そしてアウトプット(=演習)すればするほど、理解は深まるのです。
演習を多くすることこそが成績アップへの道なのです。

間違い直しに重点を置いた個別演習

問題演習において、一番大切なのは間違い直しです。
「出来なかったことができるようになること」が勉強だからです。

ですので、間違えは歓迎です。
でもすぐには教えないようにしています。
子どもさんたちの学びの機会を奪うことになるからです。

間違えにはもう一度自分で取り組んでもらいます。
わからない所は自分で調べてもらいます。
それでも分からなければ講師が指導します。

最後はもう一度自分の力で解き直してもらいます。

このサイクルの繰り返しこそがみよし塾の特徴です。